cubebreaker:

Set Fire to the Rain | Source | Cube Breaker | Follow

cubebreaker:

Set Fire to the Rain | Source | Cube Breaker | Follow

(Source: sad-plath, via mrk8)

"

とりたてていいことを言っているわけではないのに、
「なんか、この人の言うことは伝わってくる」
という人がいる。

反対に、

いいことを言ってるんだけど、
「なんか、この人の言うことは響いてこない」
という人がいる。

この差はなんだろう?

私は仕事がら、一般の人が話すのを
たくさんたくさん聞いてきたが、
この問いはなかなか解けない。

「伝わると伝わらないの境界はなんだ?」

このところ思っているのは、
「自分に無いものは伝わらない」
ということだ。

なんというか、
伝わらない表現になっている人は、
「いま、ここにある自分」には無い、
どっかよそにある、美しい、正しいことを、
言おうとしている、
そんな感じがする。

たとえば、
「自分の幸せより、他人の幸せ」
というような意味のことを言おうとする
心優しい人も、とても多いのだが、

どうしてか、
その言葉が響いてこない人と、
じんと胸に響いてくる人がいる。
この差はなんなのだろうと思う。

ずっと前にやったワークショップでも、
そういう光景を目の当たりにした。

ある男性は、
「他人のために」ということを力説していた。
ずいぶん言葉を砕いていたし、
格言を引用したり、
言っていることはもっともだ、
話も他の素人さんにくらべるとうまいほうだ、
でも、どうしてなのか、
しらじらとした空気になってくるのだ。

言葉がカラ回りしている。

「自分の幸せより、他人の幸せ」
というメッセージが、こっちに響いてこないし、
聞いているこっちも他人のためになにかしようという
気持ちになれない。

こういう推測をするのは、主観で、
ほんとに申し訳ないのだが、

その人は、いまはまだ、
「自分が他人を幸せにしている」と言える
段階になっていないんじゃないか。

その器でない者に、それを言うことはできない。

「いまの自分」にはない、
「願望」や「スローガン」は伝わらないのか……。

でも、いまの自分にはない「願望」を語っても、
とても伝わる人もいる。

学生が、いまの自分にない
将来のでっかい夢を語っても、
それが、とても伝わってくるときがある、

ほんとにそれを願っているからだろうな。

いま、ここにいる自分が、
心底望んでいる「願望」なら伝わる。

では、「自分の幸せより、他人の幸せ」
を力説していた男性にとって、
それは、心底の願望ではないということなのか?

スピーチのテーマにとるくらいだから、
その男性も「自分の幸せより、他人の幸せ」を、
とほんとに思っているのだろう。

でも、自分の経験から切実に出てきた
というよりは、
どこからか与えられたスローガンかもしれない。
その願望もたいせつなのだけど、
本音のところで、もっと強く、
もっとたまらなく願っていることは、
そんな美しいことより、もっと他にあるのかもしれない。

そういう美しいメッセージに到達するまで、
まだその人は、何段階かの過程を経ていかねばならない、
そんな立ち位置にいる感じがした。

私がそんなようなことをつらつら友だちに話したら、
その友だちが、

「有るものでなんとかする人間が一番強い」

というような意味のことを言ってくれた。
その友だちは、
松尾スズキさんの演劇のワークショップに参加したとき、
そんな意味のことを聞いたそうだ。

「有るものでなんとかする」

たしかに、プロでも素人でも、
私が心揺らす表現者は、いいかっこをしない人だ。

表現の教育をやっていると、生徒さんの中に、
「自分には言いたいことが無い」
「書きたいことが無い」
だから自分はだめなのかと不安になる人がいる。

何も無くてスッキリ! しているなら、
それはそれで、いいことだ。

でも、そこで、不安になったり、
一生懸命表現しようとしている人を
斜にかまえて見るのだとしたら、
もしかしたら、「書きたいこと」の意味を
取り違えているのかもしれない。

何か表現しなさいと言われて、
心の冷蔵庫をあける。

そこには、
カニもなければ、松阪ギュウもなく、
ただ、野菜の切れっぱしが貧相に点在しているだけ、
というときに、

フタをしめて見なかったことにするか、

どこか他人の、
あるいは遠いいつかこうありたい自分の、
冷蔵庫の中身を思い浮かべるか、

無いものは無いと認めてどっかから借りてくるか、

無いと認めて取りにいくか、

それとも「有るものでなんとかする」か。

見なかったことにすれば
表現のスタートラインに立てず、

素敵な他人や、いつかありたい自分を見ていれば、
言葉はどこか自分の身の丈をこえて、そらぞらしく響き、

借りてきたもので勝負すれば、
人が感動しても、それは自分の表現にでなく、
借りてきただれかの表現に感動しているにすぎないし、

取りに行ったら行ったで、
取材して得たものが血肉化するまで時間がかかる。

たいしたものが無くても、
私は生徒に、そこに有るもので勝負してほしい。
本人にとってありあわせのものが、
他人から見ると非常におもしろい、
そういうことが多々あるのだ。

「書くことが無いならそれを書こう」

と生徒に言えそうだが、
実際私も、2000年からいままで、
このコラムを書くにあたって、
何度か、書くことがなくて追いつめられたことがある。

それでも、いつも、
かならず何かしらみつかってここまできた。

だからこそ、
もしも本当に書くことが無くなったとき、
それをここに書けるか? 書くとしてもどう書くか?
と想像してみるとかなり生々しく、
かなりハードルが高い行為のように思う。
そう考えると、

「書くことが無いならそれを書こう」

とは、生徒に軽々しく言えない、
人によってはかなり恐いことのようにも思えてくる。

文章を書くとき、
人に何か言わきゃいけないとき、
何か表現しなくちゃいけなくなったとして、

心の冷蔵庫をあけて
たいしたものが見つからないときに、

あなたはいままでどうしてきたか?
どうしたいか?

もしも本当に無いとき、あなたならどうしますか?

"

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。 (via kokirikoo)

(via kokirikoo)

"「説明が上手い人」になるためには、「正しく知識・情報を伝える能力」と「感情としての納得感を喚起する能力」の両方が必要になる。前者だけに偏って後者を欠くのが日本における「理系男子」のステレオタイプ。後者のみに特化して前者を完全に捨てているのが「詐欺師」"

— (via netinago99)

(via kokirikoo)

"

国思うことを忘れた日本人へ


 ウイグル人、チベット人といった、中国共産党に国を奪われた人たちについて取材している。先週も、「世界ウイグル会議」の本部のあるドイツのミュンヘンを訪れたところだ。

 実に幸運なことだが、私たち日本人は、「国がない」とはどういうことか、実感することはない。日本国のパスポートをもっていれば、世界中のほとんどの国へフリーパスで入ることができ、「日本人だ」といえば、多くの国で敬意を払って遇される。あまりにも恵まれた状況ゆえ、多くの者がそれに思い致すこともなく、またその恵みが、自身の力ではなく、先人の尽力によりもたらされていることに気づいてすらいない。

 一方、政治亡命者として異国に暮らすウイグル人らからは、感銘受ける場面が数々あった。しかも、苦境にある彼らが日本へ寄せる「思い」に驚かされた。

 5年前に国を出てフランスへ亡命し、今はパリから100キロのところで一人暮らしをしている初老のウイグル男性。彼は3年前のウルムチ事件で、2人の息子を中国当局に殺された人だが、私に会うと、自身のことより先に、昨年の東日本大震災の話を始めた。「日本も大変だったね」と。

 この人はテレビで津波の報道を見た数日後、自宅からパリの日本大使館へ向かったという。被災地に寄付をするためだ。寄付窓口は他にもあったが、この機に乗じ詐欺などする団体もあるかもしれず、確かな窓口である日本大使館へ出向いた。

 対応した大使館職員は彼のIDを確認し、「あなたは難民の身の上なのにここまでわざわざ寄付に来てくださったんですか」と驚いたという。しかし、彼は、「私のことは心配しなくていい。少額だが、とにかくこの金を日本の困っている皆さんに届けてくれ」と言って寄付をした。

 私がお礼を言うと、彼は言った。「私の息子たちは当局に殺されたが、それは自分の意志で民族のため抵抗した挙句の死。だからいいんだ。しかし、津波で家族を喪った日本人はそうじゃない。まったく不慮の死。こんな気の毒なことはない」。

 日本人はこの言葉を聞いて何を思うか? それほどまでに日本を思ってくれてありがたい、とは誰もが思うだろう。しかし、「自らの意思で民族のため闘った息子たちの死は、無念でない」という彼の言葉の意味を、一体どれほどの現代日本人が共有できるだろうか。世界一恵まれた国の民たる私たちは、最も肝心なものを喪っているのではないか。あらためてそう思わされた旅だった。

平成25年1月11日更新

"

新しい歴史教科書をつくる会|「史」から 平成25年1月 (via gasarak)

(via suzumenokatabira)

shun-the-gonzo:

nelyo3:

Wagashi - Japanese sweets

(via hotcake68)


(by dagmarra)

(by dagmarra)

(via 778)

mostlycatsmostly:

Vet Office Cat peddling Science Diet  (by Liliang)

mostlycatsmostly:

Vet Office Cat peddling Science Diet (by Liliang)

(via 778)

attaches:

untitled by PerisianPowerhouse on Flickr.

(Source: girlssport, via 2002circa)

bienenkiste:

Anmari Botha by Marcin Tyszka for Stylist France May 2013

bienenkiste:

Anmari Botha by Marcin Tyszka for Stylist France May 2013

(Source: galasai, via mochiom)